便利屋さんのホームページのチラシやホームページを見ていると

  • 何でもやります
  • 困りごと何でも解決します
  • どんなことでもいつでもお任せ
  • どんな事でもお任せ下さい!
  • お困りの事は何でもご相談下さい

こんな言葉をよく目にします。

しかし「本当に何でもやるの?」と思いますよね!

そこで、「便利屋さんの依頼でお引き受けできないもの」や、「出来ない仕事」について、まとめてみました。
あなたの便利屋さん開業の参考にして頂ければ幸いです。

便利屋さんができないこととは?

便利屋さんというと「何でもやります!」と謳っているお店が多数ありますが、実際のところ便利屋さんができないこと、できない仕事についてご紹介したいと思います。

電気工事関係

便利屋さんには本当に色々な依頼や相談があります。

主な依頼は、草刈り、片付け、お掃除といった資格や許可などが必要ない代行サービスが大半ですが、電気工事のように専門の資格・許可ないと出来ない依頼もあります。

電気工事の資格が必要な依頼事例

ここでは今までにあった電気工事関係のご依頼などをご紹介いたします。

美容室の照明器具の交換

美容室様から、「天井についている照明を、新型のものに取り換えて欲しい」とのお問い合わせがありました。

キッチンの照明器具の交換

個人様から、「キッチン全体を照らす蛍光灯が壊れてしまった。工事料金はどの位かかりますか?」とのお問い合わせがありました。

コンセントの増設

個人様から、「部屋にコンセントが足りないので増やしたい」とお問い合わせがありました。

家庭用エアコンの取り付け

個人様からの依頼・お問い合わが多いです。

インターネット通販で購入したエアコンを取り付けて欲しい
前に使っていたエアコンを取り付けて欲しい
貰ったエアコンを取り付けて欲しい
などの内容です。

また「エアコンが壊れてしまい新しいものを急ぎ取り付けて欲しい」といった急ぎご希望のお問い合わも入ります。

電気工事関係の依頼があった際の対応

電気工事関係の依頼があった場合はお断り

これから便利屋さんを開業する場合、
電気工事関係の依頼が来た時に、ご協力いただける方や会社を見つけておくのもいいでしょう。

電気工事をするために必要な資格・許可

電気工事士

電気工事士の資格には、「第一種」と「第二種」の2種類あり、一般住宅や店舗で電気工事をするためには、「電気工事士 第二種」の資格が必要となります。

社会通念上引き受けないもの

法律に違反しないものであれば、出来ることは対応する便利屋サービスさんです。

しかし法律には触れないかもしれないけど、社会通念上お断りするご依頼があります。

スキンシップ

添い寝をして欲しい
ハグをして欲しい

といった内容の依頼です。

このようなご依頼は、女性から男性スタッフへの依頼だけではありません。
男性から男性スタッフへの依頼の場合もあります。

スキンシップ関係の依頼があった際の対応

添い寝やハグは、法律触れるような内容ではありません。
しかし、便利屋さんでは、社会通念上どうなんだろうというご依頼はお断りするのがいいでしょう。

レンタル彼氏を教えてあげる

レンタルフレンドやレンタル彼氏というビジネスがあります。
便利屋に相談してくるお客様に、レンタル彼氏などを教えてあげるのもいいでしょう。

ここ数年でできたビジネスのためレンタル彼氏などは、まだまだ認知度が低いです。

レンタル彼氏の料金も、HPで調べた所、1時間3,000円~5,000円程度でした。
参考まで。

浮気調査

旦那が不倫しており尾行して欲しい
夫の浮気調査をしてもらいたい
行動が怪しく浮気の証拠を掴んて欲しい
確証はないが浮気しているようだ調べて欲しい

便利屋さんに夫の浮気調査、不倫調査を頼みたいといった依頼や相談があります。

浮気調査の依頼があった際の対応

探偵業を行うためには、探偵業の届け出が必要です。
また、社会通念上どうなんだろうというご依頼はお断りするのがいいでしょう。

恨まれる仕事は引き受けない

ある全国展開をしている便利屋さんの社長さんが「誰かに恨まれる仕事は引き受けないこと」と話していました。

常連さんのある奥様から、「旦那の浮気調査をして欲しい」と頼まれる。

こんな時、常連さんのご依頼だし「浮気調査やります」と引き受けてしまう。

もし引き受けたら、奥様は喜ぶかもしれない。

ただ旦那さんはどうだろうか?

あなたの事、あなたのお店の事をどう思うだろうか。

「誰かに恨まれる仕事は引き受けてはいけない」
という便利屋の社長さんの話しを聞きながら、奥が深い!と思った事を覚えています。

もし浮気調査するなら届け出を出しましょう

便利屋さんの中にも、探偵業許可を取って浮気調査や不倫調査を行っている所もあります。

探偵業の届け出は、最寄りの警察署(公安委員会)へ提出します。
探偵業届出証明書が交付され探偵業務も出来るようになります。

もし浮気調査などの依頼を引き受ける場合は、忘れずに探偵業の届け出を出しましょう。